ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界情報
  4. 出張マッサージセラピストが足りてないので求人いたします。

出張マッサージセラピストが足りてないので求人いたします。

またまた大阪もコロナ感染者が急激に増えてきているようですが

お陰様で当店は安定的にお客様からのお電話を頂いております。

毎日のオーダーの数が、セラピストの出勤数に追いついておりません!

残念なことに、やむを得ず お客様のオーダーをお断りする数が増えております!

お断りしたお客様は、大変申し訳ございません。

セラピストさんを緊急募集いたします。

お店を探している貴女、当店を何とか助けてください!

ついては、当店を深く理解していただくために

出張マッサージ桃源紀行のお客様の傾向とお店の特徴を列記します。

①創業3年目の出張マッサージ店です。

 だんだんと顧客、会員様が定着してきておりビジネスマンや会社経営者などの紳士的なお客様が多く客層の良いこ   とが定評のお店です。

②ビジネス出張のホテル客が主体

 一時はコロナの影響でホテル客が減りましたが、かなり以前の状態に戻りつつあります。

 また、当店のお客様はホテル客でありながらビジネス出張の折にリピートして頂ける方が多いです。

③ホテル客、自宅客ともに圧倒的なリピート率

 ホテルのお客様、自宅のお客様ともに定期的にリピートされる方が多くセラピストの指名リピートではなく店リピートなので、セラピストさんの精神的負担も少ないと思います。

 ご利用いただくお客様は週2~3回の方も多く、安定的な収入が望めます。

④オイル系、揉みほぐし系、お客様の要望は均等にある。

 オイルマッサージだけでなく、ほぐし系(指圧系)のお客様も多く

 また、組み合わせを要望されるお客様が大半なので

 様々なマッサージジャンルのセラピストさんからのご応募が可能です。

⑤年中無休の15時~翌3時の営業時間

 昼の3時からの営業なので、日中にご予約されるお客様は リピート客が多いために出勤できるセラピストさんは、 独占的に担当できる可能性が高いです。

 ちなみに繁忙時間はやはり夜がメインで、20時~翌1時くらいです。

⑥お客様のオーダーの地域は、自宅・ホテルともに市内中心地が多い

 ホテルのお客様は、梅田・新大阪が圧倒的に多く。

 自宅のお客様も市内中心地および北大阪地区(北区・中央区・淀川区・東淀川区・都島区・吹田市・豊中市)などにお住まいの方が多く、自宅待機のセラピストさんで、市内中心地在住者の方は オーダー獲得は優先されるので有利です。

⑦原則的には自宅待機が主流

 本業として勤務されている方、ダブルワークの方、どちらのセラピストさんも基本は自宅待機にして頂いております。希望者にはオフィス待機も可能ですが少数です。

 理由としては、オフィス待機に良くある事例の セラピスト同士や店舗スタッフとの煩わしい人間関係を極力避けたい事を希望されるセラピストさんが多いからです。

 また、もうひとつの理由として オーダー出発の直前まで 自宅での家事や育児など効率的に時間を使っていただける事があります。

⑧お客様は出張マッサージのビギナーの方からヘビーユーザーまで多岐にわたる。

 数ある出張店の中から、当店を選び お電話を頂くお客様の傾向として当店のサイトの雰囲気や店名からのイメージからなのか、出張マッサージやオイルマッサージ自体を未経験なお客様からのご予約を頂くことが多いです。

 このような場合、セラピスト主導で施術が展開できるので精神的に落ち着いた業務ができると思います。

 また、ヘビーユーザー客は当店の常連様なので非常に紳士的で 当店のセラピストの接客に全面の信頼を置いているためか 施術中お眠りになるなど これまたセラピストの心理的負担なく業務出来るお客様がほとんどです。

最近は、お店のサイトだけで健全マッサージ店かどうかの判断をするのが難しくなっております。

また、健全店であっても、技術力のあるお店かどうかが分かりません。

そのような中、当店は創業から現在に至るまで多くのお客様から高評価のお声を頂いておりますので 安心して勤務していただける事をお約束いたします。

是非、この機会に当店のセラピストとしての活躍をお願いできればと思います。

私自身の考え方として、どのようなお店がセラピストさんにとって良い出張店なのかは認識しているつもりです。

要約すれば3点です。

1)効率よく稼げる

2)客層が良いこと

3)職場の人間関係

1) 自宅待機を推進することで、セラピストさんが時間効率よく稼ぐことが可能になりました。

業務委託とは名ばかりで、狭い待機場所で管理されてるかのような状態は効率よくとは言えません。

2) 創業から3年目ではありますがお客様自体の新陳代謝が繰り返され好ましくないお客様は排除されてきたように思います。

そして、良いお客様だけが残ってきたように思います。

そういう意味では、マッサージ自体の技術力を期待してご利用いただけているように思います。

3) そもそもセラピストにとって対人にエネルギーを集中すべきは、お客様だけです。

セラピストは技術職の職人です。同僚との過度な人間関係は必要ないと感じているセラピストさんが多いように思います。

リラクゼーション店への転職を考えていた方は

この記事をお読みいただいたのも、何かのご縁です。

是非とも当店へのご応募お待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事